オンラインカジノの運営ライセンスの制度とは?

ベラジョンカジノ

オンラインカジノでは、安心して参加者の方にゲームを提供できるようにライセンス制度という物を設けています。

例えばUKライセンスなど国がカジノ運営を認めますというライセンスを取得しているカジノは国が認めているわけですから安心なカジノであると言えるのです。

ここではそうしたライセンス制度についてお話をしていきます。

ライセンスは国が発行する場合と第3者機関がある

オンラインカジノのライセンスは国が発行する場合、国の信頼に関わりますので厳しい審査の中合格できたものをオンラインカジノの運営を行ってよいとしています。

ここで、国と第3者機関とでは何が違うかを説明しますが、国が発行するライセンスは国がこのカジノは安全であると証明しているため、万が一カジノ側が不正をしていた場合、責任の追及を受けるのは国です。

その為、一番厳格な審査を行う必要性が大国がライセンスを発行している場合求められるのです。

一方で第3者機関は、NPO法人やゲーム産業の法人が立ち上げた民間の企業であるため、国のように責任の追及によって失うのは活動をきちんとしている法人であるかという信頼だけで、国ほど大きな責任の追及を受けても問題解決さえ図ればそれでよしとなりますので、国と比較して責任追及を受けた際のダメージが少ないという点があります。

ライセンス制度があるからと言って安全であるとは限らない

ライセンス制度があるから、オンラインカジノはすべてライセンスを取得していれば安全なカジノであるとするのはかなり危険です。

その理由は、あくまでライセンスは国が発行するものと民間が発行するものがあり、どちらが信用できるかとなると意見が分かれるからです。

例えば国際取引などで信用が全く低い国はどんなにライセンスを与える役割があっても信用されません。

逆に民間の方がライセンスを与える仕事をしているのではないかと疑われることもあります。

つまり、ライセンスは発効元が重要で社会的に見て信用できる国や機関でないとただ単に保証人になって、問題が起きたときは雲隠れをする保証人と何ら変わらないというわけです。

まとめ

いかがでしょうか。

オンラインカジノのライセンス制度は言ってしまえば、オンラインカジノを運営してもよいよということを保証する制度で保証者は国だったり、法人だったりと様々で企業自らオンラインカジノの保証人になっていることも多いです。

重要なのはその保証人で、保証人がきちんと役割を果たしているかが重要で肝心な時に保証人としての役割を放棄するようではライセンスなど全くの無意味な存在でしかないのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。