ベラジョンカジノのブラックジャックで勝つ!

ベラジョンカジノとは

今世界中が新型コロナの影響で、外出の機会が少なくなってきています。

そんな中、家でも遊べて、儲けることが出来るオンラインカジノへの注目が集まっています。

世界中でオンラインカジノは多く存在しますが、日本において人気、かつ安全なものとして「ベラジョンカジノ」を真っ先に挙げる方はかなり多いです。

豊富な決済サービス、日本語対応、運営サポートも日本語で対応している点、また多種多様なカジノゲームを取り入れており、800種類以上のゲームで遊ぶことが出来て、実際に儲ける事ができると口コミが拡大しているという点が、その理由として挙げられます。

運営は「Breckenridge Curacao B.V.」という会社が行っており、キュラソー(オランダ領)政府ライセンスを取得済の企業ですので、安心して遊ぶことが出来ますので、少しでもオンラインカジノに興味を持たれた方は、ベラジョンカジノがオススメです。

ベラジョンカジノのサービス

ベラジョンカジノは入出金手段が豊富で、初めての方でも迷わず入出金が行う事が出来る、豊富な決済サービスを行っているのが特徴的です。

基本的には、クレジットカードで入金して、稼いだお金と銀行へ送金して出金する流れなので、すぐに慣れる事が出来ると思います。

とてもお得な登録&と入金ボーナス!

ベラジョンカジノに登録すると、無料ボーナスを貰う事が出来ます。

関連サイトからの紹介だと、その金額が30~40ドルになる場合がありますので、登録する場合はネット上でよりお得に登録出来る紹介サイト経由がオススメです。

勿論、それを種にして実際に儲ける事も可能です。

また、初回~3回目入金額の100%がボーナスとして付与されるという大盤振る舞いもやっておりますので、活用されると良いと思います。

(初回最高500ドル、2度目250ドル、3回目200ドル迄付与)

ベラジョンカジノで遊べるゲームの種類とオススメゲーム
ベラジョンカジノでは以下の様なゲームで遊ぶことが出来ます。

・ビデオスロット
・プログレッシブジャックポット付きのスロット
・ルーレット
・ブラックジャック
・ライブカジノ(テーブルゲーム、ポーカー、モノポリーなど)
・バカラ
・スリンゴ

オススメはブラックジャック!
ベラジョンカジノの中で最もオススメなのは、ズバリ「ブラックジャック」です。

ブラックジャックは、カジノゲームの中で、還元率が高く、勝ちやすいゲームとして有名です。

まずはルールを覚える所から始めましょう。

ブラックジャックとはトランプのカード52枚(ジョーカーを除く)で、配布されたカードに標記されている数字の合計が21点、もしくは21点に少しでも近づけた方が勝ちになるゲームです。

カードの数え方としては、2~9までのカードはその数値通りの点数として計算し、10を含む絵札のカード(J、Q、K)は10としてカウントします。

Aは1としても11としても数える事ができますので、自分の有利な方で使用する事ができます。

 

◎勝利条件
ブラックジャックの目的はディーラーに勝利する事です。

ディーラーよりも21に近いハンド(合計数字)を作り上げる事が必要になります。

 

◎敗北条件
手札の合計が21点を越えてしまった場合は負けとなってしまいます。

(これをバーストと言います)
ディーラーとプレイヤー双方がバーストしてしまっても、プレイヤーの負けと判断されます。

そして、注意点として、例えばプレイヤー側が3枚以上のカードで21点(ブラックジャック)をつくった場合、ディーラー側が2枚のカードで21点(ブラックジャック)を提示してきた場合も、負けとなってしまいます。

同じレベルの役をつくった場合、手札が少ない方が弱いというルールになってしまいます。

 

◎引き分け
ディーラー側とプレイヤーのハンドが同じ点数だった場合、引き分けになります。

 

◎ブラックジャックの配当
最初に配布されたカードがA+10(もしくは絵札カード)だと、合計点数が21点となり、その時点で勝利が確定します。

(これをブラックジャックと言います)その場合、配当は1・5倍となります。

例えば、5ドル賭けてブラックジャックで勝利した場合は12.5ドルの払い戻しになります。

(払い戻しは掛け金が含まれます)
それ以外の勝利は、配当が1倍となります。

例えば、5ドル賭けた上で勝利した場合は10ドルの払い戻しです。

引き分けの場合は賭けた金額分の払い戻しが行われます。

 

◎プレイヤー側だけのルール
ブラックジャックではプレイヤー側が有利にゲームを進める為のルールが存在しますので、下記にその主なものを記載します。

・ヒット
ハンド(手元のカード)に更に1枚のカードを追加する。

 

・スタンド
カードの追加を止めて、現在のハンドで勝負をする。

 

・ダブルダウン
賭けた金額を更に倍にして3枚目のカードを追加する。

※ダブルダウンをするとそれ以上はカードの追加が出来ません。

 

・スプリット
最初に配布された2枚のカードが同じ点数だった場合に使用できます。

スプリットすると、ハンドを2つに分けて、それぞれのハンドに対して追加カードを引くことが出来ます。

(ただし、分割した2つ目のハンドにも同額の賭け金が必要になります)

・サレンダー
最初に配布された2枚のカードの時点で、プレイヤー側が敗北を認めることです。

サレンダーをした場合は、賭け金の半分が戻ってきます。

 

・インシュランス
ディーラー側に配布されたカードの表向きのカード(1枚目のカード)がAだった場合、ディーラーがブラックジャック(合計21点)になるかどうかに対して、最初の掛け金の半額で賭けをすることができます。

インシュランスが的中すると、インシュランスで賭けた2倍の配当を獲得することができます。

 

※ディーラー側がブラックジャックを提示してきた場合、こちらもブラックジャックでないと敗北となり、元の掛け金が没収されますが、このインシュランスで当てる事が出来れば、その配当を手に入れる事が出来、プラスマイナス0にする事が出来ます。

また注意点として、インシュランスを外した場合、賭け金は没収になりますが、その場合でもゲームは続行になります。

インシュランスを外して、その後のゲームでも敗北すると、両方の賭け金が没収されてしまいます。

 

・イーブンマネー
ディーラー側に配布されたカードの表向きの(1枚目のカード)がAで、プレイヤー側のハンドが21点(ブラックジャック)が成立していた場合に使用する事ができます。

インシュランスと同様、ディーラー側がブラックジャックになるかどうか賭けをすることができます。

このイーブンマネーを使用し、ディーラーが21だった場合、保険金の2倍の金額を手に入れる事ができます。

また21じゃなかった場合も、保険金の金額の2倍を手に入れる事が出来るので、結果としてイーブンマネーを使用すると、元の賭け金と同額分の金額がプラスになります。

 

まずは実際にやってみる所からスタート!
還元率が高く勝ちやすいといってもやはりギャンブル、勝つこともあれば、負ける事もあります。

ブラックジャックは最低掛け金が0・5ドルと少額から遊ぶことが出来ますので、まずはルールを身体で覚える所から始めてみましょう。

安定して勝てる様になってきたら、徐々に賭け金を増やして、よりスリリングに遊んでみるのも面白いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。